Event is FINISHED

CADAN有楽町アートトークシリーズ #04/ギャラリートーク

Description
CADAN有楽町では、メンバーギャラリーが 3週間ごとに入れ替わり、展覧会を開いています。第三弾となる本展は、タグチファインアートによるレギーネ・シューマンの個展となります。ドイツのライトアートを牽引するアーティスト、レギーネ・シューマンは、東京での2度の個展を通じて、日本における知名度・評価は急速に上がっています。特殊なアクリルグラスを使用したその作品の特徴は自然光、ブラックライト、それぞれの混合、と光の状況に応じて作品や周囲の有り様が劇的に変化するところにあります。

今回のギャラリートークは、丸の内仲通りに輝くイルミネーションと共に幻想的に光る作品をお楽しみいただきながら、ドイツにいるアーティストをオンラインで交え、ギャラリー代表である田口達也氏にシューマン作品の魅力についてお話しいただきます。どうぞお気軽にご参加ください。

「レギーネ・シューマン @ CADAN有楽町」by Taguchi Fine Art
展示作家: Regine Schumann(レギーネ・シューマン)
2020年12月15日(火)—2021年1月10日 (日)
*月曜休廊、冬期休業:12月28日(月)-1月4日(日)
企画:タグチファインアート(http://www.taguchifineart.com

■ART TALK supported by CVJ
日時:12月18日(金)18:30-19:00
出演:田口達也(タグチファインアート代表)、レギーネ・シューマン(ドイツよりオンライン参加)
予約:https:// cadanarttalk04.peatix.com
参加無料、予約優先(15名程度)、CADANアカウント(@cadan_insta)からインスタライブ配信予定

■タグチファインアート プロフィール
代表の田口達也(1963年生)が、10年間の画廊勤務を経て2001年3月に設立。2010年12月に日本橋本町(三越前)に移転し現在に至る。2009年以来、毎年アート・コロン(ケルンの国際アートフェア)に参加し、2011-16年にはケルンに事務所を開設した。国際的に活躍する国内外のアーティストを展覧会やアートフェアを通して紹介している。

■CADAN 有楽町 produced with the support of Culture Vision Japan
一般社団法人日本現代美術商協会(CADAN: Contemporary Art Dealers Association Nippon)は、若手から老舗まで国 内 47 軒のコンテンポラリーアートギャラリーが加盟する非営利の業界団体です。2015 年 7 月の発足以来、広く現 代美術の普及を目指し、講演会や展覧会といったパブリックイベントや、会員向けの勉強会などを行ってきました。 2020 年 7 月、三菱地所株式会社のご協力のもと、産官学×文化のプラットフォームを目指す一般財団法人カルチャ ー・ヴィジョン・ジャパンと協働で、丸の内仲通りに面した有楽町ビル 1 階に「CADAN 有楽町」をオープン。メン バーギャラリーが 2〜3 週間ごとに交代で展覧会を展開していきます。

住所:東京都千代田区有楽町 1-10-1 有楽町ビル 1F
電話番号:070-6464-1438
営業時間:火〜金 11 時-19 時/土、日、祝 11 時-17 時
定休日:月(祝日の場合は翌平日)
Website: https://cadan.org/cadan-yurakucho/

Culture Vision Japan http://cvj.or.jp/
Fri Dec 18, 2020
6:30 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加 FULL
Venue Address
千代田区有楽町1丁目10−1 有楽町ビル 1F Japan
Organizer
一般社団法人 日本現代美術商協会 (CADAN)
164 Followers
Attendees
11

[PR] Recommended information